成功している御社の競合他社を「マネ」することで、御社事業に貢献します。
しかしながら、単なる「形」をマネするのではなく、「どうして、そのような『形』にしたのか?」を「マネ」します。
また、顧客の「表の欲求(建前)」ではなく「裏の欲求(本音)」から、「視覚的」に顧客に「語り」かけることにより、
顧客の共感を呼ぶ「感情移入(Empathy)型」の集客方法を行います。
We contribute to your business by "imitating" your successful competitors.

顧客の「怒りは何か?」「不満は何か?」「嫉妬は何か?」「夢は何か?」「喜びは何か?」
やることはカンタンで、具体的には、外部施策として、SEO/SEM、PPC広告、メルマガ広告・アフィリエイト広告を活用して、内部施策として、オファー(無料特典)付きセールスレターやコピーライティング、ランディングページ(LP)を通じて、「問題提起」「ミッション提示」することにより、小予算で「見込み客層(母集団)」を形成します。
「新規顧客の獲得」を推進すると同時に、「既存顧客のリピート」「離脱顧客の復活」をすることで、3年後に、御社の「広告宣伝費」をゼロにすることが目標になります。

売上アップ

自社商品・サービスを振り返る質問

  • なぜ、その商品・サービスを作ろうと思ったのか?
  • 開発には、どんな苦労があったのか?
  • 「苦労を乗り越えてでも世に出したい」と思ったパッションは何か?
  • 「軌道に乗った」のは、何がキッカケだったのか?
  • この商品を通して、あなたが世に伝えたいことは何か?
  • この商品を使うことによって、幸せになった「お客様の声」は何か?

自社のサービス・商品を理解するための質問

  • 1.この商品は、ズバリどんな商品か?その特徴2つを説明すると・・・
  • 2.この商品を説明しただけで、売ってくれと嘆願する客はどんな客?
  • 3.なぜ既存客は自分の会社から、この商品を買うことにしたのか?
  • 4.お客は、どんな場面で怒り・悩み・不安を感じるのか?
  • 5.なぜ、この商品は、その悩みを解決できるのか?その証拠は?

説得力のある文章の書き方

  • 1.あなたの文章は、誰が読み手なのかを把握しているか?
  • 2.文章の読み手はどんな立場の人で、どんな権限・責任を持つ人かを知っているか?
  • 3.文章にあなたの主張が明確に盛り込まれている(何をするのか、何がしたいのかをきちんと書く)
  • 4.文章にあなたが上記3.を主張する理由が盛り込まれている(なぜ、それが良いのか、それが良いといえる背景などを書き込む)
  • 5.上記4.の理由は、読み手が納得しやすい内容になっているか?
  • 6.文章の冒頭に、主張と理由が書かれている(忙しい人でもスグに内容を確認できるように工夫する)
  • 7.文章が概要と詳細に分けて書かれている(冒頭の概要で、内容をざっと説明し、後半の詳細で詳しく述べる)
  • 8.要点が整理されており、項目数が少なく抑えられている(「理由は大きく二つあります」「提案のポイントは三つです」などと表現できるように、内容を整理する)
  • 9.事実と意見を分けて記載する
  • 10.表現が省略せずに書かれている(読み手の知識量を考慮し、自分が知っていることでも省略せずに書く)
  • 11.曖昧な表現は使わない(「インテグレーション」「アカウント」「マネジメント」など、人によって解釈が変わりやすい言葉は避ける)
  • 12.正確性、詳細さに拘りすぎない(自分の専門分野の細かい情報にとらわれがちになる場合がある。情報量を落として、読み手が理解しやすい表現にする)
  • 13.文章全体が短くまとめられている(忙しい人・あなたの文章に興味のない人でも、とりあえず目を通してもらえそうな分量にする)
  • 14.文章のタイトルが読み手を意識した分かりやすい表現になっている(読み手の知識量や立場を意識しつつ、主張を一言で表現する)
  • 15.この文章を読んだ人が望ましい行動を起こしてくれそうだという自信が(少し)あるか?

コミュニティ作りノウハウ

コミュニティ作りノウハウ

  • 1.コミュニケーションをよくする
  • 2.きっかけを作る/誘う/巻き込む
  • 3.一緒に汗をかく
  • 4.自分から動く
  • 5.成果の可視化/共有
  • 6.論理で正面突破する
  • 7.実践を促進するためのルールを作る

Web集客・Webサイトリニューアル時の質問

Web集客・Webサイトリニューアル時の質問

  • 1.お客様は何を求めて、自社サイトに来られるのか?
  • 2.その様々なご要望を抱えられたお客様のお役に立てるのか?
  • 3.なぜ、お客様は、自社サービス(商品)をお求めになるのか?
  • 4.お客様は、何を判断基準として、自社サービス(商品)を選択されるのだろうか?
  • 5.お客様は、自社サービス(商品)を選ぶとき、何を心配するのだろうか?
  • 6.お客様の立場になり、自分が顧客であれば、どんなキーワードで検索するか?(できるだけシンプルに)

顧客を知る!

顧客の「表の欲求(建前)」ではなく「裏の欲求(本音)」を感情移入して考える。

  • 1.顧客の怒りは何か?
  • 2.顧客の不満は何か?
  • 3.顧客の嫉妬は何か?
  • 4.顧客の夢は何か?
  • 5.顧客の喜びは何か?

マーケティングの5つの質問

● マーケティングの5つの質問①

  • 1.わが社にとって、最も理想的なお客様はどんな人(会社)か?
  • 2.わが社の商品・サービス、3つの特徴は何か?
  • 3.3つの特徴の中で、1番のウリ(USP)は何か?
  • 4.1番のウリは、最も理想的なお客様にどんな価値をもたらすか?
  • 5.それは、他社でなく御社でなければならない理由は何か?

● マーケティングの5つの質問②

  • 1.あなたの売りたい商品はズバリどんな商品ですか?その商品の特徴3つを20秒以内で簡単に説明してください。
  • 2.あなたが売りたいと思う商品を20秒説明しただけで「ぜひ売ってください」と頭を下げて頼んでくるようなお客はというのは、具体的には誰ですか?
  • 3.いろいろ似たような会社、似たような商品がある中で、なぜ既存顧客はあなたの会社、商品・サービスを選んだのですか?
  • 4.いったいお客はどんな場面で怒鳴りたくなるほどの怒りを感じているのか?どんなことに夜も眠れないほどの悩みと不安を抱えているのか?その悩み、不安を視覚的に描写してください。
  • 5.なぜ、あなたの商品はお客さんの「夜も眠れないほどの悩みや怒り」を短期間に、しかも簡単に解決できるのか?お客さんの懐疑心を吹き飛ばす具体的な証拠を考えてみましょう。

● マーケティングの5つの質問③

  • 1.顧客から褒めてもらった話は何か?顧客からのお礼状はないか?
  • 2.顧客から教えてもらったウチの会社から買う理由
  • 3.顧客の気づいていない欲求を実は叶えている
  • 4.顧客が知らない悩みに気づかせてあげる
  • 5.顧客がまったく知らない概念を提示する

セールレター作成

  • 1.あなたが書く文章のゴールは何か?
  • 2.あなたが解決しようとしている問題は何か?
  • 3.その問題を解決して喜ぶ人は誰か?
  • 4.問題が解決できなかったら、その人はどんな不安を持つか?
  • 5.その問題を解決する「あなたの商品・サービス」は何か?
  • 6.あなたの商品・サービスを使うと、どう変わるか?
  • 7.なぜ、あなたから買うのか?
  • 8.あなたの商品・サービスを知ったお客様が持つ疑問は何か?
  • 9.お客様の不安をなくす証拠は何か?
  • 10.なぜ、今、買わなければいけないのか?

マーケティング8つの法則

感情のバランスを崩し、そのバランスを戻す方法はあるけれど「その方法を手に入れることができる人は限られていますよ」という内容。

  • 1.「共感(問題明確化→問題点→解決策)」
  • 2.「緊急性」
  • 3.「限定(希少性/独自性)」
  • 4.「反応方法の多様化(TEL/FAX/メール等)」
  • 5.「直感的な分かりやすさ」
  • 6.「思い切った保証」
  • 7.「明確な指示(顧客への期待行動)」
  • 8.「お客様の声」

購入決断直前に顧客が考えること

購入決断直前に顧客が考えること

  • 自分の選択は間違っていないだろうか?
  • 自分は損してはいないだろうか?
  • 他にもっと良いものがあるのではないだろうか?

最低限行う7つのマーケティング施策

サービスとは、顧客が抱える問題の解決結果

  • 1.自社(自分、売り手)のプロフィールを公開する
  • 2.情報発信を継続し、自社(自分)のファンを作る」
  • 3.著名人から推薦の言葉をもらう
  • 4.利用者からの感想(顧客の声)を掲載する
  • 5.広告宣伝文を極端に大袈裟にしない
  • 6.商材を売るのではなく、お役に立ちたいという使命感に立脚する
  • 7.困ったら、顧客の声を聴く!!

新規事業立ち上げ心得

新規事業立ち上げ心得

  • 1.事業として成立するのか?(数字・人事・技術・営業・提携)
  • 2.自社が手がけるべき事業なのか?
  • 3.誰のためにやるのか?社会の役に立つのか?
  • 4.マーケットの大きさは?5年後,10年後のマーケットの大きさは?
  • 5.他社はどんな商品(サービス)をどのように販売している?
  • 6.撤退する時はどんな時?

戦略の立て方

戦略とは「顧客のニーズに対して、競争相手よりも相対的に優位な製品またはサービスを継続的に提供すること。

  • 1.自分だったらどうするか?それをやった時に競争相手はどう出てくるか?顧客はどう反応するか?
  • 2.自分に見えていない事が何かあるんじゃないか?
  • 3.今、毎日やっている事の行き着く先はどこですか?
  • 4.要するに、・・・

顧客階層

顧客階層

  • 1.見込み顧客
  • 2.満足して使う購入顧客
  • 3.リピーター顧客
  • 4.口コミ客・伝道師客
  • 5.オーナーシップ客

ゲーミフィケーション

13の基本要素

  • 1.チュートリアル(導入教育/入門/生徒自身が操作・練習):最低限学び、やりながら覚えると、モチベーションにつながる。
  • 2.リマインダー:生徒が迷った時に、次の方向性がわかっているかどうかで、集中力が大きく変わる。
  • 3.損失回避:何かを失うことへの恐怖を掻き立てる感情がモチベーションにつながる。
  • 4.進展フィードバック:習慣継続日数とリカバリー日数を記録。
  • 5.テーマ:生徒がそれをする理由や価値観と合っているかの確認。
  • 6.ストーリー:生徒自身の成果をストーリーで他人で語れるか。
  • 7.謎:「出来ること」よりも「出来るようになること」を追うとモチベーションにつながる。
  • 8.時間圧力:生徒自身の「限界に挑戦する」という感覚がモチベーションにつながる。
  • 9.希少性:人は珍しい物には価値を感じ、それに対する努力も価値があると考える。
  • 10.戦略性:生徒自身が何をしているのか、なぜそれをしているのかを把握させる。
  • 11.フロー:仕事や勉強に対して、適度な難易度を保つことがモチベーションにつながる。
  • 12.影響:自分が間違ったことをした場合、どういう結果が出るかを知らせる。
  • 13.サンクコスト(埋没費用):注ぎ込んだコスト(努力/感情/お金)を可視化。

コスト削減

業務改善

業務改善

  • 1.排除してみる:作業をやらなかったら、部品や帳票をなくしてみたら、手配しなかったら
  • 2.借りられないか:過去に似たものはないか、何かマネができるものはないか、どこかで似たものをやってないか、他のアイデアを借用できないか
  • 3.他に使い道はないか:現在のままで、少し変えて
  • 4.代用したらどうか:他のものを代わりに使えないか、他の部品・材料に変更したら、他の工程でやったら、他の原理・方法・動力・機械を使ったら
  • 5.入れ替えたらどうか:順序・要素を入れ替えてみたら、原因と結果を入れ替えてみたら、他のレイアウトにしたら、他の形式にしたら、日程を変えたら
  • 6.逆にしたらどうか:反対にしたら、役割を逆にしたら、順序を逆にしたら、裏返しにしたら、上下を逆にしたら
  • 7.組合せたら:作業を結合(組合せ)したら、アイデアを組合せたら、目的を組合せたら
  • 8.大きく(拡大)したらどうか:何か付け加えたら、時間をかけたら、結合したら、長くしたら、もっと回数を増したら、他の価値を付け加えたら、強くしたら
  • 9.小さく(縮小)したら:分割したら、圧縮したら、薄くしたら、軽くしたら、要素を除外したら、何かを取り除いたら、低くしたら、短くしたら
  • 10.形、色、運動などを変えたらどうか:意味・目的を変えたら、運動・色・音を変えてみたら、形・型式を変えたら

転用:新しい使い道、他の使い道を考える。改良・改善する。
応用:似たものを探し、利用する。一部を真似る。
拡大:大きくする。数を増やす。長くする。なにかを付け加える。
縮小:小さくする。数を減らす。短くする。なにかを取り除く。
変更:形式・種類・色・形・様式・意味などを変える。
代用:ほかの材料にする。ほかの人にする。
置換:順序を変える。原因と結果を入れ替える。
反対:役割・前後・左右を逆にする。立場を反対にする。
結合:複数のアイデアを結合する。

業務改善のやり方

  • 1.まずシンボルから行う
  • 2.失敗とリカバリーの繰り返し
  • 3.社員全員が口ずさめる目標
  • 4.顧客の満足度が下がったら、一刻も早く改革を行う
  • 5.魅力を見直せば、欲しいものと交換できる
  • 6.キャラを掴んで、上手く組み合わせる(人事)

生産性を向上させるためには

  • 1.個人能力アップ
  • 2.管理水準向上
  • 3.道具を使用(IT等)
  • 4.技術革新

人材・組織課題

人生の目的を見つけるための質問

  • 1.使いきれないほどのお金があったら、何を手に入れたいですか?
  • 2.使いきれないほどのお金があったら、何を経験してみたいですか?
  • 3.それぞれを手に入れる、もしくは経験するとどんな感情を持ちますか?
  • 4.上記3つを基にして、あなたの「夢リスト」を作って下さい。書いたものは全て実現します。
  • 5.どんな自分(会社)にはなりたくないですか?
  • 6.どんな自分(会社)になりたいですか?
  • 7.あと、1年の命だと言われました。何をしますか?
  • 8.全てのやりたいことをやっても、まだ後1ヶ月残っています。何をしますか?
  • 9.「理想の1日」の朝起きてから、夜寝るまでを書いて下さい。
  • 10.人生の目的は何ですか?そのために最初に目指すべき小さな目標は何ですか?また、その期限はいつですか?

会社経営の悩み・課題

  • 「商品・サービスの機能強化・品質向上」
  • 「新商品・サービスの開発」
  • 「人材の確保(採用)」
  • 「人材の育成・活性化(教育/配置)」
  • 「客数減少」
  • 「資金調達」
  • 「債務の返済」

短所→長所への置き換え

自分の欠点を認めると自分の良い所が浮き立ってきます。

  • 頑固、拘りが強い ⇒ 意思が強い、粘り強い、研究者、◯◯博士
  • 完璧主義 ⇒ 職人気質、責任感が強い、完成度の高い仕事ができる
  • 拘りがない、無頓着、ズボラ ⇒ 大らか、柔軟、器が大きい
  • 心配性 ⇒ 細部に気がつく、繊細で優しい、癒し系
  • 我儘、人の話や意見を聞かない ⇒ 自分の意見が言える、主張できる、プレゼン
  • 引っ込み思案、意志が弱い ⇒ 人に合わせられる、気配り上手、フォローができる
  • 空気が読めない ⇒ 実行力がある、メンタルが強い、逆境に強い、既成概念の打破
  • 共感力が低い、人の気持ちが分からない ⇒ ユニーク、独自性が高い、カリスマ
  • お調子者、失言が多い ⇒ サービス精神旺盛、人を楽しませる
  • 集中力がない、気が散りやすい ⇒ 好奇心旺盛、視野が広い
  • 落ち着きがない ⇒ 行動力がある、バイタリティがある
  • 口うるさい、お節介 ⇒ しっかりしている、世話好き、世話役
  • 気まぐれ、気分屋 ⇒ 情緒豊か、表現力、創作活動
  • 好き嫌いが激しい、偏屈 ⇒ 感受性が強い
  • 短気、あわてんぼ ⇒ 決断力・行動力がある
  • ものぐさ、腰が重い ⇒ 慎重、沈着冷静、判断力がある
  • 人付き合いが苦手 ⇒ 自立心が強い、自分と向き合える、求道
  • 口が悪い、無神経 ⇒ 正直、裏表がない
  • 融通が利かない、冗談が通じない ⇒ 真面目、信頼感がある
  • 無口、無愛想 ⇒ 口が堅い、聞き役
  • 口が軽い、ウソがつけない ⇒ 発言力がある、率直
  • 支配的、ワンマン ⇒ 頼りがいがある、面倒見がいい、リーダー
  • 主体性がない、他力本願 ⇒ 甘え上手、頼り上手、人と人を繋ぐ
  • コンプレックスが強い ⇒ ポテンシャルが高い、信念が強い
  • フツー、これといった取り柄がない ⇒ 安定している、バランス感覚に優れている、常識的・中立的判断
  • できないことが多い ⇒ できない人の気持ちが分かる、人に教える、導く
  • 失敗が多い ⇒ 挑戦的、専門家

【個人】ピークパフォーマンスを維持する

仕組み的にモチベーションが高まる行動や環境を積極的に取り入れることで、モチベーションを高める戦略を持ちましょう。

  • 1.自分のモチベーションは、どのような瞬間に高まるのか?
  • 2.自分のモチベーションが高まる条件や環境は何?
  • 3.逆に、モチベーションが下がる条件や環境は何?

部下へのマネジメント質問

部下をヒーローにするマネジメント質問

  • 「今、うまくいっている事は何?」
  • 「5秒で答えを出してみて」
  • 「今スグそれをやってみない?」
  • 「どうすれば○○できるんだろうね」
  • 「達成できなかった原因を5つリストUPしよう!」
  • 「どんな応援があれば、それが出来る?」
  • 「10点満点中、今何点?」
  • 「くだらないアイデアを5個言ってみて」
  • 「今週の進み具合はどう?」
  • 「1年後にどうなっていたい?」
  • 「これに懲りずにまたやろう」

ビジョンの引き出し方

ビジョンの引き出し方

  • 「今やっている仕事の中で、一番自分で向いていると思う仕事は何?」
  • 「今年一年で一番自分のモチベーションが高まった時、逆に下がった時はどんな時だった?」
  • 「そもそも今の会社で、どんな仕事がしたくて入社したの?」
  • 「これからの3年後・5年後で、どんな事がしたいと思っている?」
  • 「死んだ時に墓石に何て書かれていたい?」

人材採用の考え方

人材採用の考え方

  • 1.人生の「目的(使命)」を持っているか?
  • 2.その「目的」に向かって、日々努力しているか?
  • 3.途中で挫折しても、カンタンに諦めていないか?
  • 4.他人の痛みがわかる人か?
  • 5.周囲の人に感謝して、恩返しできる人か?